プラセンタの正しい選び方!!良いプラセンタ、悪いプラセンタの見分け方!

プラセンタとは胎盤の事です。このプラセンタがどうやらお肌や健康に良いらしいというのをご存知な人も多いでしょう。赤ちゃんをお腹の中で育てている胎盤が栄養満点であるというのはなんとなくわかると思います。赤ちゃんは、お腹のなかでここから空気や栄養素すべてをもらってどんどん大きくなっているのです。このプラセンタですが、サプリメントやドリンクが最近では数多く販売されています。種類が豊富すぎて、いったい何を選べばよいのかわからないという人も多いと思いますので、ここで良いプラセンタについて説明いたします。

 

まず、サプリメントとして販売しているプラセンタは、原材料の動物が牛、ヒツジ、豚、馬など様々にわかれています。かつては牛のプラセンタが主流でしたが、牛は狂牛病などのために安全性を確保できないことから豚プラセンタへシフトしました。豚プラセンタは現在もっとも市場に多く出回っている製品です。その理由は、豚は1度に何匹も子供を産むのでプラセンタが安価であること、そして、ヒトに構造が似ていることから吸収されやすく、効果が出やすいという事があげられます。

プラセンタ馬と豚では栄養成分に違いはあるの?プラセンタ自体の含有量に差はあるの?

最近、注目を集めているのが馬のプラセンタです。馬は1度に1頭しか生むことができないためとても希少価値が高く、豚プラセンタに比べると高価ですが、その分メリットもあります。特にサラブレッドは自然に放牧されて育てられ、健康管理を十分にされているのでとても健康です。豚は狭いところに何十匹もいる環境で育てられることが多く、病気を避けるために薬品漬けのことが多々あります。また、豚は1つの胎盤で20匹くらい育てますので、栄養価が下がってしまいますが、馬は1頭に1つの胎盤が使われるのでプラセンタが非常に高濃度なのが特徴です。血液をさらさらにして体を健康に保つアミノ酸の量も豚プラセンタに比べ300倍も多く含まれています。さらには、馬にしかない必須アミノ酸が6種類も含まれています。特にサラブレッドは、普段から健康や食事に非常に気を使って育てられています。食べる野草も無農薬ですし、何よりも広い大地でのびのびと育てられています。

プラセンタの濃度が高いから効果が違う!含有量が最も多い一番のおすすめサプリとは?!

キレイ・デ・プラセンタは不純物を一切使用していない高濃度の馬プラセンタサプリです。原材料もプラセンタの原末とカプセルのみで、添加物などの使用も一切ありません。また、酵素分解によりプラセンタを抽出しているため高濃度で、品質を劣化させずに抽出することができます。そのためプラセンタの含有量も非常に多く、高い効果が期待できます。

希釈・混ぜ物一切なし!高濃度配合の馬プラセンタサプリ